飾り線上

陽の見えない土曜の夜明けにシャワーを

飾り線下
だいたいは、なるべくシンプルなファッションが好きな私は、大変ビビられるけど。
コルセットや鞄やヘアーアクセサリーまで揃っていて、全部使用したいと思えば破産しそうだ。
でも、jill stuartはやめられない。

雨が降る木曜の朝にお菓子作り
夏はビールがものすごくうまいけれど、ここ最近あまり飲まなくなった。
20歳のころは、いくらでも飲めたのに、年をとって翌日にアルコールが残るようになってそんなに飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった当時は非常にあこがれ、行くのがとっても楽しみだったけれど、会社の関係でうんざりするほど行って、自分のイメージの中では、現在、いいイメージがない。
けれど、取引会社との付き合いの関係でとっても久しぶりにビアガーデンに行った。
大変久々にうまかったけれど、調子にのってものすごくビールを飲みすぎて、やはり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。
飾り線上

一生懸命吠える妹と俺

飾り線下
会社員だったころ、いまいち辞職するチャンスがなかった。
何としてでも退職したかった訳ではないから。
仕事をする気持ちがないのかもしれない。
なぜか、ある日、熱意を込めて辞めると目を見ていった。
そんな日に何故か、入社当時から少しばかり仕事が細かいと印象を抱いていたKさんが、声をかけてきた。
話している中で、まったく気持ちを知る余地もないKさんが「この仕事、大変だよね。おまえはもう少し続くよ」といった。
このタイミングだったので胸が苦しくなった。
このことから、その日の帰りに、会社に辞めることを受理しないようにしてもらった。

無我夢中で叫ぶ弟と霧
随分久しぶりのお仕事の日、初めて業務で同行したAさんという男性は、背の高い男性だ。
入社時に会話をしてから厳粛で、業務以外のお話は少しもお話したことがなかった。
前回、ただ何気なくAさんの腕まくりした腕をみて衝撃を受けた!
一つ一つが大きなパワーブレスがかなりの数目に入ったため。
思わず、天然石興味があるんですね!と言ってしまったくらい。
にっこり笑ったAさんは得意げで、いきなりやさしい顔で、それぞれのストーンの名前を教えてくれた。
飾り線上

よく晴れた月曜の昼に歩いてみる

飾り線下
南九州の老年期の奥さんは、日々、草花を墓所にしているから、ゆえに、お花が大量に必要で、花農家も山ほどいる。
夜間、マイカーで飛ばしていると、菊の栽培の光源がちょくちょく夜間、マイカーで飛ばしていると、菊の栽培の光源がちょくちょく目に入る。
建物の光源は非常に少ない田舎だけれども、しかし、菊の為のライトはさいさい視認できる。
菊の栽培光源はちょいちょい目に触れても人通りは大変わずかで街灯の照明も非常に少なく、危険なので、高校生など、駅まで送り迎えしてもらっている学生ばかりだ。

笑顔で熱弁する彼と穴のあいた靴下
きょうは、一カ月ぶりに大雨になった。
チヌ釣りの約束を甥としていたが、雷まで鳴っていたので、さすがに危険で行けそうにない。
あとで外を見たら、雨がやんだので、やはり行くということになったのだが、釣りに行く準備を終えて、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨がやんだから来ていた釣り人が、あわてて釣りざおなどを車にしまっていた。
えさも解かして準備していたがもったいなかった。
次の機会にと言って釣り道具をしまった。
来週は雨じゃないそうだ。
なので、次こそ行こうと思う。
飾り線上

前のめりで走る姉ちゃんと霧

飾り線下
娘とのコミュニケーションをすると、わが子はとってもなじんでくれる。
2歳近くまで、会社の業務がとっても多忙で、ふれあうことがほとんどなかったため、たまに抱っこしても近寄ってくれなかった。
父親なのにとつらい心だったが、会社の仕事がめまぐるしいからと見放さずに、足しげく、休日に散歩に連れ歩くようにした、抱きしめても、お風呂でも泣かれないようになった。
近頃、出勤で家を出る時、自分が居なくなることが悲しくて泣いてくれるのが幸せだ。

熱中して跳ねる彼と履きつぶした靴
MCで有名な人が芸能界引退することで、報道でうんざりするほど扱っていますが、めちゃめちゃすごいです。
今度の日本の総理が誰に決定するかという内容よりニュースでは順序が前だったし。
どういった政治家が日本の総理大臣になっても変化しないと考える方もとてもいますし、そんなことより大物司会者が芸能界を芸能界引退というほうが何かしら影響がでそうなんですかね。
飾り線上

気分良く走る母さんと横殴りの雪

飾り線下
テレビを見ていたり、街を歩いていると、美人だな〜と思える人は多い。
顔立ちは、一般的な美人とは言えなくても、魅力があったりオーラがあったり。
個人の雰囲気は、その人の今までの人生かもしれない。
とても大きいと思う。
最近見てしまうのは歌手の西野カナさんだ。
Mステを見て初めてインタビューを受けている姿を見た。
可愛い子!と思わずにいられない。
ベビーフェイスに、体格もバランスが良く、淡い色がとても似合うイメージ。
喋り方がほんわかしていて、方言もポイントがアップ。
彼女の曲は割と聞いていたけれど、これを見てからそれ以上にファンになった。

雲が多い木曜の午後は外へ
出身県が異なると習慣が異なることを二人で生活しだしてから大変感じるようになった。
ミックスジュースシェイクしようかと妻からなんでか聞かれ、ミックスジュースを買っていたのかなと考えたら、地元では作るのが一般的みたいだ。
フルーツを色々とアイスを挿入して、ミルクを挿入して家庭用のミキサーでシェイクして出来上がり。
自宅でごくごくと飲んだのは初体験だったが、たいそう美味だった。
うまかったし、今でははまって、自分でもやっている。

小さい飾り線上

サイトコンテンツ

小さい飾り線下

サイトコンテンツ


Copyright (C) 2015 星が光ると涙も輝き落ちる All Rights Reserved.
レトロ飾り